ハシモトグループ

ハシモトグループが求める、これからの人材とは。
ほかには真似できない、あたらしいものづくりを支え、実現するために、
自ら積極的に研鑽を積み、工夫を重ね、自ら動けていける人材です。

新卒採用エントリー 中途採用エントリー

教育プログラム

入社後も将来有望なリーダーを育成するために、ハシモトグループでは、それぞれの職場や職種に合わせた、教育プログラムを実施しています。
若手社員を中心にしたハシモト塾では、グループの歴史やビジョンや戦略など、企業経営における情報と意識を経営者と共有し、組織の活性化へとつなげています。そのほかにも、製造・営業・小売りなど、それぞれの持ち場に合わせた社外研修や社内勉強会を定期的に実施。社員の能力と意識の向上に努め、働きがいのある職場環境づくりをすすめています。

img

先輩からのメッセージ

自分らしさが、生かせる場所だから。

株式会社ハシモトBaggage 生産部組立課 安井 紘一 平成22年採用

ものづくりやファッションに興味があり、東京と金沢の文化服装学院を卒業後、高級皮革製品のブランドを都内で自分で立ち上げました。その後、富山に戻った際に知ったのがこの会社。自分らしさや能力を、ここなら生かせると思い中途入社。現在は管理補佐として、CADやコンピュータミシン縫製プログラム、道具の改善などを担当。商品の企画会議でアイデアを出したり、まちで自分が作ったランドセルを見かけるのも本当にうれしいものです。利益が出たら社員に還元されるのもこの会社のいいところ。やりがいが感じられる毎日が待っていますよ。

img

いつもプラスアルファの、仕事がしたい。

株式会社ハシモトBaggage 生産部裁断課 吉田 直紀 平成22年採用

大学は教育学部で、当初は小学校の先生志望でした。でも、実は製造業にもすごく興味があって、子どもたちのランドセルを作っている会社だと知って、ここしかないと思ったんです。ですから、就職活動もすごくスムーズでしたね。職場では、ランドセルの生地をCAD/CAMで裁断する工程を担当しています。一つのランドセルをつくるためには、実は数多くの部品が必要になりますが、子どもたちの喜ぶ顔を想像しながら、日々頑張っています。与えられた仕事だけでなく、プラスアルファの何かを工夫したいですね。人間的にも、成長できる職場です。

img

向上心があれば、自然と自分が磨かれていく。

株式会社ハシモト モルトビウ ファボーレ店 青山 美穂 平成19年採用

最初はパートとしてこのお店に入り、その後、正社員として採用されました。お店ではレディースのかばんの担当で、商品のテイストの決定、仕入れ、売り場構成、ディスプレイなど、すべてを自分で考えています。お客さまにとってより魅力的なお店づくりをしようと、東京のおしゃれなショップを見にいくこともあります。向上心をもって努力すれば、自分自身が自然と磨かれていくのを実感できますよ。仕入れた商品がよく売れて、お客さまに喜んでいただけると何よりうれしいもの。将来は各お店を統括できるようなマネージャーになるのが目標です。

img

視野が広がる、さまざまな経験ができる場所。

株式会社ラ・ボンテ 営業 小林 香織 平成20年採用

大学は関西でしたが、ファッションが好きで、ランドセルのほかに、一般のかばんなども取り扱っていることや、地元に密着した企業であることからこの会社を志望しました。現在は、県内外のお店に国内外のメーカーのかばんやランドセルなどを販売したり、店舗も任されています。この仕事の面白さは、幅広い層のお客さまのご要望を聞き、それをメーカーに伝え、商品づくりに反映していけるところ。オリジナル商品の販売もスタートしています。思っていた以上にいろいろな経験ができて視野がぐんと広がり、成長できたのではないかと思います。

img
新卒採用エントリー 中途採用エントリー